手元供養か通常の供養か~ペット供養は先を考える事が大事~

ペットの供養は人の供養とほぼ同じです ペットの供養は人の供養とほぼ同じです

手元供養をするなら遺骨の将来や保管場所について考えておこう

もし、手元供養を考えているのであれば、遺骨の将来の事も視野に入れましょう。そのまま遺骨を置いていると、後々ゴミとして処分されることがあります。そうなるとペットも成仏できません。そのため、後々の事も考えて手元供養をすることが大切です。

後々の事を考えてペット供養をしておこう

スーツを着た女性

ペットの遺骨は、霊園に納骨するか、自宅で保管するかの二通りの方法があります。前者は有料で後者は無料です。そして、どちらも飼い主がなくなった場合を前もって考える必要があります。前者の場合、誰が納骨料を払うのか決めなくてはなりません。また、後者の場合はいつまで保管し続けるのかといった事が問題になるからです。

愛犬の遺骨を納骨堂に保管する

ペットの遺骨を霊園に納めるのであれば、個別のお墓に埋葬する他、納骨堂に納めるといった手段もあります。納骨堂ならば個別のお墓に比べると遥かに安価であり、お手入れも行なってくれるので管理が非常に楽です。また、納骨堂はいわゆるレンタルスペースのようなものなので、スペース内ならば飾り付けが自由にできます。そのため、お墓と同様にお花を添えるなどの飾り付けも可能です。自宅供養をしている人の中には時期を見て納骨堂に遺骨を納める人も多くいます。

納骨堂を利用してペット供養するならいくらくらいかかるの?

手元供養をしていたんですが、今後の事を考えて納骨堂を利用しようと考えています。その際にかかる費用ってどれくらいになりますか?
霊園によって値段は若干異なります。安い霊園ならば年間1万円程度の費用で、高い霊園だと数万円かかります。しかし、場合によっては最初の二年間は無料といったサービスを行なっている場合もあるため、まずは霊園で行なわれているサービスを確認してみましょう。ちなみに、豪華な霊園では年間数十万する納骨堂もあります。

TOPボタン