手元供養の前に~ペット供養の準備~

ペットの供養は人の供養とほぼ同じです ペットの供養は人の供養とほぼ同じです

手元供養の前にしておくべき手続き

手元供養をする前に、いくつか準備しなければならない事は多いです。ここでは、そんな準備について紹介しましょう。

愛犬が亡くなった時にやっておく事

愛犬が亡くなった時に何かしなくてはいけない事ってありますか?
まずは死亡届を登録している市町村の保健所に提出しましょう。これは30日以内に出さなければなりません。他にも、犬の鑑札、狂犬病予防注射済票といったものも返却せねばなりません。なお、手元供養のために残しておきたいものがある場合は、事前に窓口もしくは電話で相談しておきましょう。なお、死亡届に書くべき内容は、主に生年月日、経路、種類、雌雄、登録番号、そして死亡年月日があります。そのため、これらをきちんと整理しておきましょう。

ペット供養をするなら~手元供養について知ろう~

犬のイラスト

ここでは、手元供養の方法について紹介します。ペット供養でも多くの人が行なっている手元供養ですが、上で記した死亡届の他にもやっておくべき事は多いです。手元供養を行なう場合、メモリアルグッズや骨壷を準備しておきましょう。

手元供養の仕方

手元供養の準備として、まず自宅にペット用の仏壇を準備しましょう。設置場所は特に決まっていませんが、仏壇の色落ちや劣化を防ぐために日のあまり当たらない場所が好ましいです。仏壇には、骨壷、遺影、花を飾る場所を作ります。これらは手元供養用のメモリアルグッズで検索すれば見つかります。なお、家のスペースが狭く、骨壷のスペースが大きい場合は粉骨して収納しやすい形状にした後にミニ骨壷に納めるといった事もできます。

自宅でペット供養をするならメモリアルグッズ

家族同然に過ごしてきたペットが急にいなくなると、そのショックでふさぎ込んでしまう人が多いです。手元供養は、ペットをなくした家族にとって心の安らぎとなります。特に、手元供養の特徴の一つであるメモリアルグッズはよりペットを身近に感じられるアイテムです。ペットとの思い出を普段から身につける事で心の安らぎにもなり、ショックから立ち直りやすくなります。

TOPボタン